セサミンの飲み方

ゴマの中に含まれているセサミンという有効な成分ですが、
このセサミン、実はゴマの中のわずか微量しか含まれていないのです。
ゴマの中のわずか0.5%だけしか入っていないそうなのです。

しかもゴマをたくさん食べればいいというものでもありません。
ゴマをたくさん食べても、そのなかのセサミンが実際に吸収されて、
効果を発揮する事はあまりないそうです。
ゴマは消化吸収が良いと言えるものではないからです。

胃腸が弱いとき、お腹の調子が悪いときはゴマは全く吸収されず
便として排出されてしまうこともあります。
ゴマの形を完全に残したままそのまま便と共に排出されるのです。
つまり、いくらたくさんのゴマを食べても消化吸収されなければ、全く意味が無いようです。

それならセサミンのサプリメントなどを摂取する方がお勧めというわけです。
ではセサミンの飲み方はどう考えていけばいいのでしょうか。
セサミンの飲み方としては、食後に、1日10mgを飲むようにするといいでしょう。
セサミン配合のドリンクは二日酔いにも良いそうです。

他には、こちらhttp://lahca.net/にも書いてあるとおり、魚などに含まれるDHAと一緒に
摂取するとより効果的です。

毎日飲むということは習慣にしていかないとつい忘れてしまったり、
面倒に思ってまあ、一日や二日ぐらいいいか、と飲まなかったりするのはいけません。
こういうセサミンのような健康食品は、薬品とは違いますので、
継続して、飲んでいかないと効果が感じられなかったり、身体の体質改善をしない場合があります。

三日坊主になるようなことがあってはなりません。
だから飲み方としては毎日決まった時に、飲むようにしましょう。
例えば、夜食事をしたときに必ず飲むと決めて、どんなことがあっても飲むという風に決めれば、
忘れてしまうようなこともほとんどないでしょう。
セサミンを飲む時間帯も効果に大きくかかわってくるので、一番良い時間帯を探しましょう。

いろいろと体質を改善したいから、セサミンを飲もうと思っても続けていかなければ意味がないので
この努力だけは続けて頂きたいです。
この努力を続けていくと、がん予防、アンチエイジング、美容効果、冷え症の改善、
コレステロール値の低下、抗酸化作用などなどをもたらしてくれるのですから、頑張って欲しいものです。
セサミンなどのサプリメントを飲むときはお茶やジュースではなく、お水で飲みましょう。
お水の中でも水道水ではなくミネラルウォーターが良いそうです。
ミネラルウォーターがいつでも飲めるウォーターサーバーが家に一台あると便利でしょう。